後楽園の肋骨の整体は呼吸に有効

体にとってとても大切です

後楽園の整体において、肋骨を正常な状態にすることは、体にとってとても大切です。これはこの部分の筋肉が固まってしまい、正常な働きが出来なくなってしまうと、深い呼吸を行うことができなくなってしまったり、また肩こりが発生してしまうことになるのです。これは肋骨の筋肉がこってしまうことになると、肺に対して十分な空気を送り込むことが難しくなってしまうのです。そのため、自然と浅い呼吸になってしまうために、体に影響が出てしまうことになるのです。 常に浅い呼吸になってしまうと、脳に対して十分な酸素を送り込むことが難しくなってしまいます。これにより、判断力が低下したり、また睡眠の質が低下してしまうことになるのです。

胸を大きく反らすということです

後楽園の整体において、肋骨に働きかけるやり方は、胸を大きく反らすということです。個人に場合においても、胸を反らすことは可能です。しかし一度肋骨周辺の筋肉が硬くなってしまったのならば、個人の力だけでは、症状を緩和させるほどの反らし方を行うことは難しいのです。そのため、整体を利用し、施術を受けることにより、胸を大きく反らすことが有効なのです。 また肩の柔軟性を高めることも必要になります。これは肋骨の筋肉が固まってしまうと、副次的に肩こりも生じてしまうことになるからです。上半身の筋肉が十分に動かすことが出来ないと、それらが互いに影響を及ぼしてしまうために、肋骨だけではなく、それを取り巻く筋肉に対して整体を行うことが有効なのです。

ページのトップへ戻る